UME
location:Beppu-si

    

環境問題について、
自然科学的視点から冷徹に考える・・・

 20世紀後半以降、人間社会の産業規模は爆発的な拡大を続けています。その人間社会の繁栄の影として地球の表面環境は汚染され、傷つけられています。人間社会の発展にともなうこうした負の影響の総体が環境問題です。
 環境問題の克服を目指すためには、まず、問題を自然科学的に正しく把握することから始めることが必要です・・・。

■HP管理者から


温暖化・温室効果に関するペットボトル実験の検証New!
ICRP体制に終止符を! ―内部被曝の真実
高校生のための地球温暖化論

20世紀地球温暖化の実像 〜再考・地球温暖化論〜


2019年7月10日発売
シリーズ[環境問題を考える]5
検証温暖化
20世紀の温暖化の実像を探る
(269頁 ¥2,500)
不知火書房  
TEL 092-781-6962
      FAX 092-791-7161

 本ホームページで行ってきた『人為的CO2地球温暖化仮説』の妥当性を検証する議論の内容をまとめた書籍を刊行することになりました。
 本書では、先入観を持たずに初等中等教育において理科教育を受けた平均的な日本人の知識に基づいて、20世紀に観測された気温変動の実像を明らかにすることを目的にまとめたものです。
 人為的CO2地球温暖化仮説を支持する東京大学IR3S/TIGS叢書No.1「地球温暖化懐疑論批判」や国立環境研究所のホームページの解説なども紹介しながら、客観的な事実によって「20世紀温暖化の実像」を浮き彫りにします。

※ネットでご購入の場合は、Amazonは避け、全国書店ネットワーク、紀伊国屋、丸善、ジュンク堂などのネット通販をご利用ください。

「HP管理者から」の最近の記事・・・
No.1301 (2020/02/19) 再生可能エネルギー発電で荒廃する地球環境
あまりにも低効率で巨大な発電システムが資源・エネルギーの浪費を加速するNew!

No.1300 (2020/02/04) 放射能の処理技術とはただ単に薄めて捨てるだけ
福島第一原発からの放射能汚染水の海洋投棄は当初からの既定路線New!

No.1299 (2020/01/28) COP25、ダボス会議報道を見ての雑感
地球科学の暗黒時代の到来/宗教的あるいはファシズムによる言論弾圧New!

No.1298 (2020/01/22) ダボス会議におけるグレタ嬢の発言を検証する
人為的CO2地球温暖化に対する非科学的な環境保護運動のドグマNew!

No.1297 (2020/01/19) エネルギー分野のCO2削減技術の有効性を考える
再生可能エネルギー発電の導入で人為的なCO2放出量は減ったのか?New!

No.1296 (2020/01/17) エネルギー技術、地震予知、人為的CO2温暖化
繰り返される自然科学者・技術者による国家予算の詐取と問題の隠蔽New!

No.1295 (2020/01/16) グレタ嬢の活躍を最も期待しているのは誰?
 
それは『CO2排出量削減対策』によって最も利益を得る者New!

No.1294 (2020/01/06) 寒中お見舞い申し上げます。
 
人為的温暖化の脅威という虚像に立ち向かう時代錯誤のドン・キホーテNew!

No.1293 (2019/12/21) 科学性を失った環境ファシズムの時代がやってきた
 
能天気なノーベル賞化学者とジャンヌダルク張りの温暖化少女の登場New!

No.1292 (2019/11/06) 非科学的な温室効果ペットボトル実験の実態
 
「温暖化・温室効果に関するペットボトル実験の検証」の公開に当たってNew!

No.1291 (2019/09/25) 無責任な何の自然科学的な裏付けのない空手形
 
「気候行動サミット」77か国が2050年に実質CO2放出ゼロを表明?!New!

HPに関連する書籍の紹介⇒

 


ホームページに関連する
書籍の紹介

MENU

Design by Megapx  Template by s-hoshino.com
Copyright (C) 2000 環境問題を考える All Rights Reserved.