Kaki
location:Beppu-si

    

環境問題について、
自然科学的視点から冷徹に考える・・・

 20世紀後半以降、人間社会の産業規模は爆発的な拡大を続けています。その人間社会の繁栄の影として地球の表面環境は汚染され、傷つけられています。人間社会の発展にともなうこうした負の影響の総体が環境問題です。
 環境問題の克服を目指すためには、まず、問題を自然科学的に正しく把握することから始めることが必要です・・・。

■HP管理者から


工業化社会システムの脱炭素化は不可能New!  近藤邦明(2021.03.25)
再生可能エネルギー発電、電気分解水素製造、メタネーション



ダウンロードは表紙をクリックしてください。
(2020年11月9日版)

ご意見・ご質問は「管理者の雑記帳」にお願いします。
解題「温暖化の虚像」連載中!
シリーズ[環境問題を考える]6
温暖化の虚像New!

シリーズ[環境問題を考える]5として昨年公開した「検証温暖化」の姉妹本です。人為的CO2地球温暖化説の非科学性をまとめた前半部分と、現在進められようとしているCO2温暖化対策の導入によって、どのような影響が生じるのかをまとめた後半部分の二部構成としています。
 前半部分では、昨年HP上で検証した「温室効果のペットボトル実験」に対する検証から、CO2濃度の上昇は、対流圏上層の大気温度を低下させ、したがって気温低下をもたらすことを示しています。
 後半部分では、CO2温暖化対策の要である再生可能エネルギー発電の導入によって鉱物資源の爆発的な浪費の拡大だけでなく、化石燃料の消費量も増加すること、つまりCO2放出量が増加することを示しました。同時に再生可能エネルギー発電の導入によって自然環境が著しく破壊されることに触れています。
 今回は出来るだけ多くの方に読んでいただくことを目的にPDF形式のダウンロードフリーの書籍としました。もし内容に意義を感じていただければ、皆さんのお持ちのウェブサイトをミラーサイトとして利用させていただければ幸いです。

解題「温暖化の虚像」CO2濃度上昇の主因は自然現象New!
解題「温暖化の虚像」CO2濃度上昇は気温を低下させる
New!
解題「温暖化の虚像」CO2温暖化対策が環境・社会を破壊するNew!
解題「温暖化の虚像」珍説、CO2地球温暖化説by江守正多New!


「HP管理者から」の最近の記事・・・
No.1352 (2021/05/14) 非科学によるCO2温暖化対策の「常識」を考えるC
「再生可能エネルギー発電は地産地消の分散型エネルギー」という主張New!

No.1351 (2021/05/13) 非科学によるCO2温暖化対策の「常識」を考えるB
「再生可能エネルギー発電電力は蓄電すれば有効に使える」という主張New!

No.1350 (2021/05/11) 非科学によるCO2温暖化対策の「常識」を考えるA
「日本の高温化は人為的CO2地球温暖化の直接的な影響」という主張New!

No.1349 (2021/05/08) コロナ感染症の蔓延と東京オリンピック・パラリンピック
相変わらず無能・無策の菅政権/日本政府は一体何のために存在しているのか?New!

No.1348 (2021/05/02) 非科学によるCO2温暖化対策の「常識」を考える@
「温暖化対策のためには、高価でも環境にやさしい技術を選択する」という主張New!

No.1347 (2021/04/09) 非科学によるCO2温暖化対策の惨状E
技術の細分化と科学技術万能主義による誰も責任を取らない共同幻想社会New!

No.1346 (2021/03/30) 非科学によるCO2温暖化対策の惨状D
大分の誇るべき草原景観が愚かなメガソーラー発電所建設によって喪失するNew!

No.1345 (2021/03/27) 非科学によるCO2温暖化対策の惨状C
120の大学・研究機関が脱炭素で新組織/国家総動員体制・思想的集団自殺New!

No.1344 (2021/03/20) 非科学によるCO2温暖化対策の惨状B
NHKの無能なキャスターと経団連の中西弘明の非科学的な脱CO2の与太話New!

No.1343 (2021/03/06) 非科学によるCO2温暖化対策の惨状A
日本製鉄、製銑工程の熱源・還元剤を非炭素化するという無謀な技術開発New!

No.1342 (2021/03/03) 人為的CO2温暖化説による現在の魔女狩り
気象観測に基づく分析が弾圧されコンピューターゲームが信じられる狂気の時代New!

HPに関連する書籍の紹介⇒

 


ホームページに関連する
書籍の紹介

MENU

Design by Megapx  Template by s-hoshino.com
Copyright (C) 2000 環境問題を考える All Rights Reserved.