環境教育」カテゴリーアーカイブ

シリーズ[環境問題を考える]⑥「温暖化の虚像」

●今年は、気候変動に関する国際連合枠組条約の下、パリ協定の実施年に入ります。残念ながら、あまりにも非科学的な「化石燃料の燃焼によって人為的に放出したCO2の大気中への蓄積によって大気の温室効果が増大した結果、人類にとって … 続きを読む

カテゴリー: エネルギー・核技術, 地球温暖化, 環境問題総論, 環境教育 | コメントする

2020年 寒中お見舞い申し上げます。

 今日は寒の入りです。今年の寒中見舞いの全文を以下に公開します。  今年は寒中見舞いで触れたとおり、パリ協定の実施期間に入ります。人為的に放出されたCO2による温暖化の脅威などという、誠にバカバカしい虚像に対して、莫大な … 続きを読む

カテゴリー: 地球温暖化, 政治・経済・軍事, 環境問題総論, 環境教育 | タグ: , | 1件のコメント

「検証温暖化」についてのご意見をお寄せください!

今月、ホームページ「環境問題を考える」に関連する5冊目の本として「検証温暖化」(不知火書房TEL092-781-6962、¥2500)を上梓しました。内容は、高校生以上を対象に、人為的CO2地球温暖化脅威説の誤りを、事実 … 続きを読む

カテゴリー: 地球温暖化, 環境問題総論, 環境教育 | 2件のコメント

PTAは高校のマネーロンダリング装置

県立高校に納める費用のまとめ 県立高校において就学するために高校ないし大分県に直接支払わなくてはならない必須の金員は入学金と授業料の2費目のみです。 現状の日本の教育環境においては、前記の必須の費用の他に、生徒ないし保護 … 続きを読む

カテゴリー: 公立高校・PTA・教育庁, 未分類, 環境教育 | 1件のコメント

大分県の教師と県立高校に子供を通わせている皆さんへ

昨年12月25日に、娘の通う大分県のとある県立高校で、社会科と理科の教科書・参考図書の記述についての説明を聞いてきました。この一年半、この問題について高校や大分県の教育委員会と断続的に交渉を続けてきました。“HP管理者か … 続きを読む

カテゴリー: 環境教育 | 2件のコメント

無能な高校理科教師たち・・・、説明会速報

さて、昨年来、娘の通う大分県の県立高校の社会科と理科の教科書あるいは参考図書の記述について、科学的に理解不能な記述があるため、説明を求めてきました。しかし、愚かな学校管理職の妨害によってなかなか説明の機会を持つことができ … 続きを読む

カテゴリー: 環境教育 | コメントする