沖縄への政府自民党からの実弾攻撃が始まる・・・

昨日の沖縄県名護市市長選挙で、辺野古への基地移設に反対する現職の稲嶺さんが大差で当選しました。恥知らずの日本人が多い中、名護市民はかろうじて平和国家の良心を示しました。

しかし、早くも政府自民党は、市長の権限は限定的で特に問題にならないとして、地元住民の民意を無視する態度を明らかにしました。同時に、沖縄への国税の傾斜投入によって、民意を札束(実弾)で買い取ることを明らかにしました。

政府自民党の対応は、誠に卑劣なものですが、名護市民の意見を国民の意見としなければ、名護市民は孤立し、やがて政府自民党の実弾攻撃に耐えられなくなることは必定です。今こそ反自民党、反安倍政権の声を大きくしなければ…。

カテゴリー: 政治・経済・軍事 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です